キャッシングと信用情報

書類キャッシングの審査には信用情報協会というのに必ず確認があります。
信用情報協会は、各消費者金融から利用者の申し込みに対する過去のキャッシング履歴などを照会することで、延滞や債務整理などの事故歴、多重債務の有無の調査を行っています。
信用情報協会は、銀行が加盟するものや信販会社が加盟するもの、外資系のキャッシング会社が加盟するものとありますが、各機関において債務者の情報を交換することで多重債務への防止が図られています。
 

一昔前まではキャッシングの利用において、消費者金融がサラ金と呼ばれていた頃は、運転免許証か保険証を見せてキャッシングの申し込みをするだけで、その場でキャッシングできるものとなっていました。
 
しかも、キャッシング利用の条件として、収入があることが前提になっていても、実際に確認することはありませんでしたので、自分の収入以上にお金を借りたり、無収入でもキャッシングを利用できてしまうことがありました。
しかし、お金を返す当てが無い人も含まれていたため、返済不能により債務整理となる人が続出することになり、借金地獄に陥る人が後を絶たない状況となりました。
 
 
この後、貸金に対する規制が強化されることになり、貸金業法が制定されてからは、キャッシングを利用するとき、収入や他の債務状況などを事前に調査及び審査したうえで、借入可能か否かを審査することが義務付けられるようになりました。
貸金業者が個々に調査及び審査を行っていたのでは効率が悪い上に、正確な審査が難しくなるので貸金業者が出資して信用情報を専門に扱う協会、信用情報協会を設立することになりました。
 


おすすめの消費者金融はこちら!

このページの先頭へ