キャッシング審査HELP TOP » キャッシングの基礎 » キャッシングに関する法律

キャッシングに関する法律

六法全書小学校の社会で習うことですが、日本国憲法は日本における法律の礎になっており、日本国憲法を最高法律として民法など各種の法律が制定されています。
各自治体が定める規則や条例は、上位法令を補ったり、特例を敷くために定められ、各都道府県の市区町村方の自治体により定められるものとなっています。
 
そのなかで、銀行における預金や融資などは、所管する金融庁が法律を定めおり、商法や為替取引法、銀行法などがあり、銀行取引法や証券取引法、貸金業法など金融機関に関する法律が定められています。
預金や融資に関する法律は銀行取引法により厳格な運用が定められていますが、キャッシングなどの個人向けの小口融資に関しては、つい最近制定されたばかりなのです。
 
キャッシングをサービスする消費者金融は、銀行ではないため銀行の取引に関する法律には、消費者金融の前進となるサラ金による貸金業者が出始めたころは、法律による規制はないため届け出も必要がなかったため、大小のサラ金が貸金業に存在していました。
 
しかし、キャッシングの取引や融資の額、金利などのサービス内容については、各サラ金業者の裁量に任されていたため、高金利で貸し付ける業者や返済ができないことが最初からわかっており、別の目的で債務者を誘い出すためにキャッシングをさせる行為まで行われていました。
多重債務に陥る人が続出したとともに厳しい取り立てや、犯罪行為ぎりぎりの取り立てを行うサラ金業者も多く、サラ金地獄とも呼ばれていました。
 
こうした背景から、貸金業法が制定され悪質なサラ金業者を締め出すことになりました。


おすすめの消費者金融はこちら!

このページの先頭へ