キャッシング審査HELP TOP » キャッシングの基礎 » キャッシングのデメリット

キャッシングのデメリット

ATMキャッシングは、一定の収入がある人であれば誰でもお金を借りることができるとても便利なものとなっています。
 
近年においては、インターネットとスマートフォンの普及により、インターネットからキャッシングができるようになり、より身近なものとなりました。
このため、パソコンやスマートフォンを使って、何時でも、何処でもキャッシングサービスを利用できるようになっています。
 
さらにキャッシングも、カードローンの登場によりより、銀行のキャッシュカードやクレジットカード感覚でカードローンを使って消費者金融の窓口だけでなく、銀行ATMやコンビニATMを利用して手軽にお金を借りることができるようになっています。
 
カードローンキャッシングは、まさにキャッシュカードで自分の口座からお金を出していることと同じ感覚にとらわれてしまう傾向が強くなっています。
キャッシュカードであれば自分の口座残高が無くなれば引き出すことはできませんが、カードローンの場合、利用限度額が300万円から800万円と非常に高額キャッシングができるようになっていますので、気が付くと高額な負債となってしまっていることがあります。
 
カードローンなどの金利は、一昔のサラ金時代の20%の高金利に比べれば低くなっていますが、何百万円もお金を借りれば、それ相応の利息となってしまいますので、借りた元本を返すのと同時に多額の利息も返済しなくてはならなくなってしまいます。


おすすめの消費者金融はこちら!

このページの先頭へ