キャッシングの歴史

キャッシングが最も盛んに利用されたのは昭和50年代から平成2年の間とされバブル崩壊とともにキャッシングは下降の一途をたどりました。
 
キャッシングのサービスが開始されて、実質的に半世紀を迎えようとしていますが、最初にキャッシングのサービスが始まったのは、昭和30年代あたりの高度成長期の日本において、消費生活が一般の人にも普及し始め、テレビや洗濯機などの家電品などを買い求める人も多くなった頃とされています。
 
しかし、サラリーマンの平均給料が2,3万円であったこの時代に家電品がその10倍以上もしていましたので現金で購入できる人はごくまれのことになります。
家電品などの高額商品を購入するときは、月賦やローンを組んで購入することが普及することになったのに伴い、このころからキャッシングが盛んにサービスされるようになりました。
 
また、現在大手のアコムやプロミスなど消費者金融が登場しています。
お金を借りるキャッシングの歴史は、お金が作られたときから始まっていると歴史的に言われています。
最も古いキャッシングでは、古代エジプトにおいて、現在の銀行の起源となることがなされており、通貨の交換やお金を貸すことが行われたことが記されています。
 
古代エジプトでは、既にキャッシングにあたるサービスが既にありましたが、利用できるのは一部の特権階級のみでしたので、一般の人がお金を借りるようなサービスが始まったのはそれから19世紀の産業革命あたりとされています。
 
日本においても、江戸時代に質屋としてお金を貸す商いがされていたことは時代劇からもお馴染みとなっています。


おすすめの消費者金融はこちら!

このページの先頭へ