キャッシングの金利

急にお金が必要になり、手軽にお金を借りることができるキャッシングを思い浮かべても、実際には利用することを戸惑う人も多くあります。
 
キャッシングの利用を戸惑っている人の理由の多くは、サラ金の悪いイメージが強く残っており、キャッシングは金利が高く、簡単にお金を借りることが出来ても、後の返済が大きくなってしまうことを懸念する人が多くあります。
 
キャッシングの金利は、銀行などの住宅ローンやマイカーローンなどのローンと比較するとキャッシングの金利は高く設定されていることが多くあります。
しかし、住宅ローンなど銀行の融資の多くは、担保や保証人が必要となり、土地や家屋などの不動産などを担保として差し出す必要があるほか、一番面倒なのが第三者による保証人が必要となってきます。
 
しかし、キャッシングは、原則、無担保・無保証人でお金を借りることができるようになっていますので、キャッシングの金利が高くなっているのは納得できるのかもしれません。
 
ただ、高い金利のキャッシングですが、実質年率で計算する金利となっていますので、1年間借入すると借入高に応じて金利がかかる仕組みとなっており、お金を借りて直ぐに借りたお金を返済してしまえば、借入期間だけの日割り計算により利息が計算されますので、利息の負担も軽くなります。
さらに、一昔のサラ金のキャッシング金利は20%台でしたが、銀行カードローンでは4%台の低い金利でお金を借りることが出来るようになっています。


おすすめの消費者金融はこちら!

このページの先頭へ