キャッシング会社の種類

現在、キャッシングを提供している業者は、消費者金融と銀行系の金融業に分類されています。
過去に、キャッシング会社は、サラ金と言われてましたが、消費者金融をサラ金と同じと思っている人も多いようです。
 

金融業界を取り巻く環境は、金融規制緩和以降において大きく変わり、これまで個人向けの小口融資はサラ金の独断になっていましたが、異業種にも解禁となったことで、キャッシングは消費者金融だけでなく、銀行や流通業界からもキャッシングをサービスするようになりました。
 

キャッシングとは、お金を借りる意味がありますが、融資は銀行がお金を貸すことを示し、キャッシングは消費者金融からお金を借りる認識が強くなっています。
現在では、銀行においても、個人向けの小口融資であるカードローンによるキャッシングを展開しており、カードローンによるはキャッシングでは主流となっています。
 

現在キャッシング会社の種類としては、銀行がカードローンとしてサービスしている場合と、消費者金融が銀行に吸収されてサービスされているものに分けられています。
また、キャッシングは金融機関だけでなく、スーパーなどの流通業やIT・通信業界もキャッシングもカードローンのサービスに参入してきています。
 

また、これまでカードローンのライバルであったクレジットカード業界の信販会社のカードローンの事業に参入して来ていますので、多種多様なキャッシング会社がサービスを展開しているものとなっています。
ただ、この中でも銀行の力は大きく、カードローンサービスでは先行しているものとなっています。


おすすめの消費者金融はこちら!

このページの先頭へ