キャッシング審査HELP TOP » キャッシングの各種サービス » フリーターでキャッシングを利用する

フリーターでキャッシングを利用する

注文を取る女性店員最近、アベノミクス経済効果により景気が若干回復のしている傾向にあるのか、大手企業の一部には業績が黒字に転向するなどの回復傾向にあります。
また、一部の大手企業では、新卒採用枠を増やす方向に来ていますので、就職難の解消に向けて期待が持たれています。
 
ただ、経営状況の回復が見込まれるのは一部の大手企業のみで、新興国との価格競争が激しいIT産業や家電業界ではいまだに回復どころか業績が悪化しています。
 
さらには、国内企業の半数以上を占める中小企業においては、親会社や取引先から厳しいコストダウンが迫られている現状となっています。
こうした中、業績の悪化する大手企業や中小企業では人件費を抑えるために、正社員を減らして契約社員やアルバイトで補うことが多くなっているため、多くの契約社員やアルバイト人員を生み出すものとなっています。
 
企業にとっては、契約社員やアルバイトの場合では、雇用保険などの経費を抑えることができるほか、雇用契約が1年単位となっているため、業績に応じて人員調整がしやすいことがあります。
ただ、派遣社員やアルバイトにとっては、いつ解雇されるかもしれないという不安があるだけでなく、社会的な信用においても不利なものとなってしまいます。
 
カードローンなどの融資を受ける場合において、契約社員やアルバイトの場合は定職とはみなされずに、カードローンが利用できない場合がありますが、三菱東京UFJ銀行カードローンのように収入の証明があればカードローンの利用ができる場合がありますので、諦めずに確認してみるとよいでしょう。


おすすめの消費者金融はこちら!

このページの先頭へ