キャッシング審査HELP TOP » キャッシングの各種サービス » 学生キャッシングを利用する

学生キャッシングを利用する

友達同士でしゃべる最近の大学生などの学生における暮らしの調査されたレポートが雑誌に紹介されており、話題となっています。
 
レポートによると、現在の大学生の必需品は、パソコン、スマートフォンなどの情報機器となっており、下宿する大学生においては、ワンルームマンションでバストイレ付が当たり前となっています。
大学学生の生活で、よく映画やドラマに出てくる木造のアパートでトイレは共同、風呂はないため週に1回程度に銭湯に通うシーンがありますが、これは昭和を代表とする大学生の暮らしぶりとなっています。
 
また、昭和の学生と言えば、移動の手段は自転車が当たり前で友人などのコミュニケーションは、スマートフォンアプリのLINEではなく一杯飲み屋に集まるのが定番でした。
こうした生活は現代の大学学生には考えられないものとなっており、大抵は親からの仕送りに頼ることが多く、バイトする大学生が少なくなっている傾向にあります。
 
そんな中、大学生のキャッシング利用の割合も高くなっている傾向にあります。
基本的に20歳以上の大学生や大学院生、専修学校生においてアルバイトなどで自ら収入を得ていることであればキャッシングの申し込みができることになります。
しかし、学生の場合、基本的にアルバイト収入となるため、高額なキャッシングは難しくなるほか、総量規制の規制がある消費者金融では、アルバイト収入では申込できない場合もあります。
 
ただ、銀行カードローンであれば規制の対象となっておらず、しかも金利も低く抑えられていますので、アルバイトでも負担を少なくしてキャッシングできることがあります。


おすすめの消費者金融はこちら!

このページの先頭へ